提供:NetCommons2.0オンラインマニュアル(日本語)
移動: 案内, 検索

NetCommons2.0では、登録された会員はその権限(ベース権限)に応じて、さまざまなレベルでサイトの管理に参加をします。その参加のあり方は後で述べる「権限設定」の設定の仕方に依存しますが、このマニュアルではデフォルト設定に基づいて管理の流れを説明します。


システム管理者:NetCommonsで構築したサイトのシステム・人の両面で管理を行う最高管理者。システムに関する管理系モジュールとサイト運営上の管理系モジュールの両方を自由に設定し使うことができます。


管理者:NetCommonsで構築したサイトの運営を行う責任者。サイト運営上の管理系モジュールを自由に設定し使うことができます。そのため、すべての会員情報を閲覧でき、必要に応じて制限を加えることができます。ルームの新設/名称変更等の権限を持ち、全ルームの主担であり、ルームごとに運営メンバー(主担やモデレータ)を指定することができます。


主担:いずれかのグループルームの管理(人の管理・コンテンツの管理・デザイン)をするための権限です。管理モジュールの中の会員情報・会員管理・ルーム管理・バックアップを利用することができます。


モデレータ:いずれかのグループルームで主担を補佐しつつ、コンテンツの管理をするための権限です。モデレータは細かく何段階にも権限を分割でき、その中で上位に立つ者は下位の者のコンテンツを編集・削除することができます。管理モジュールの中の会員情報と会員管理を利用することができます。


一般:許可された範囲内で、コンテンツの読み書きをすることができます。管理モジュールの中の会員情報と会員管理を利用することができます。


ゲスト:許可された範囲内で、コンテンツを読むことができます。管理モジュールの中の会員情報と会員管理を利用することができます。


サイトの管理をするために用いられるモジュールを「管理系モジュール」とよびます。管理系モジュールはシステムコントロールモジュールとサイト運営モジュールの2つのカテゴリーに分かれています。システムコントロールモジュールは主としてNetCommonsのシステムを管理するためのモジュール群で、以下の6つのモジュールにより構成されています。


システムコントロールモジュール: モジュール管理・システム管理・ファイルクリーンアップ・バックアップ・携帯管理・セキュリティ管理


一方、サイト運営モジュールは、主としてNetCommonsで構築したサイトの運営や会員の管理をするためのモジュール群で、以下の6つのモジュールにより構成されています。


サイト運営モジュール: 会員情報・会員管理・個人情報管理・ルーム管理・権限管理・祝日設定


※注意:NetCommons2.0 では、サイトの管理を複数の会員で安全に分担するため、NetCommons1.×では「管理者」とされていた権限を「サイト管理者・システム管理者・管理者」の3つに分割しました。サイト管理者はインストール時に作成される特別なIDで削除・編集できない唯一無二のIDです。サイト管理者とシステム管理者はシステムコントロールモジュールとサイト運営モジュールの両方を自由に利用できるサイトの最高責任者です。管理者とは、システム管理者のうちいくつかの管理系モジュールの利用を制限されている会員です。これによって、システムを管理する管理者と、サイトの運営の責任をもつ管理者とを分けることができます。


以下、説明では、「サイト管理者・システム管理者・管理者」を区別せずに「管理者」と総称することにします。


管理系モジュールを使うには、まずはサイトにログインし、

画面右上に表示される「管理」というリンクをクリックします。セキュリティ上の理由から、管理系モジュールに
は携帯電話等の端末からはアクセスすることはできません。必ず、パソコンから操作します。


Chapte16.gif


すると、管理用のコントロールパネルが次のように開きます。コントロールパネルに表示されるモジュールの種類
は、会員の権限によって左右されます。下の図は、全管理系モジュールが表示されたところです。


Chapte1.jpg


管理用のモジュールを選択(クリック、あるいはダブルクリック)すると、そのモジュールがポップアップ画面に
表示されます。そこで必要な管理業務を行います。
通常の画面に戻るには、メニュー上に表示されているChapte62.jpgというリンクをクリックします。
個人用ツール
名前空間
変種
操作
コンテンツ
案内